2013年9月18日水曜日

台風18号の被害状況報告など

本日市役所より4つの資料が届きました。
ご興味のおありの方もお見えだと思いますのでシェアいたします。

平成 2 5 年台風第 1 8 号に伴う被害概況等に係る資料について

先の台風では46の避難所が開設され28世帯84人が避難されたようです。

新聞報道でご存じの行方不明事件1件の他
破損したガラスなどによる軽傷4件

家屋の全壊1件
一部損壊21件

床上浸水1件
床下浸水3件

また雨漏りやガラスの破損など公共施設への被害が
84件報告されているようです。

道路も冠水が6件

法面崩落や倒木などが
30件

と言う事です。

最終的に災害復旧にかかる報告が上がってくると思います。

消防を初め必死の捜索を行っています。
行方不明の方が早く、無事見つかる事をお祈りします。


*****************************
児童への危害予告に伴う今後の対応に係る資料について

新町小学校の生徒に危害を加える旨を伝える封書が届いた件です。
市内の小中学校において防犯の強化のため
警察やPTAとの連携と
非常時、緊急時における体制の整備
に取り組む旨が伝えられています。

「13日の金曜日」に絡めたおそらく「いたずら」だったんではないかと思います。
13日の金曜日が分かると言う事である程度の年齢の人間だと思います。
筆跡もどうやら子供物ではなかったようです。

たったこれだけの手紙で
教員やPTAだけでなく警察官をあわせてかなりの数の大人が角角に立って警備をしていました。昨日今日も通学路の警戒態勢は続いています。

当該学校に子どもを通わせる父兄の数は生徒数の倍近くいるわけで、1000人近くの大人が仕事や家庭の事情に融通を利かせて子どもを家に待機させたはずです。

そして当の子供達にとって
楽しいはずの登下校の道が
恐怖におびえながら通わなければならない通学路になってしまった。

言葉を選びながら書いていますが、
誰とも分からない犯人に対して罵倒の言葉しか思い当たりません。

くだらないたった一枚の紙っぺらが一体どれだけの人にどれがけの影響を与えるのか、おそらく考えてすらないでしょう。
それを見て面白がっているのでしょうか。

本当に腹立たしい話です。
*****************************

運営をもてあました市営施設の業務委託の報告です。

月額 1 , 823 , 850 円(税込)

を払って
大阪に本社のある業者に運営してもらうらしい。

一部業務委託の理由
として

全文引用
行財政改革の取組を行う中で「湯の瀬」の管理運営については、民間活力による市民サービスの向上及び経費削減を図るため、指定管理者制度の導入 を視野に入れた取組を進めてきました。
しかしながら、指定管理者制度を導入するためには、老朽化した施設の大 規模改修が必要となり、より効率的な管理運営について検討を行った結果、フロント業務、ボイラー管理運転業務及び清掃業務を一括して、次のとおり 委託することとしました。

引用終了

と書いてあります。

先日の議会の代表質問で屋内スポーツ施設の委託管理の折にも触れましたが、
民間活力による市民サービスの向上及び経費削減」
という言葉が呪文のように唱えられています。

民間に委託すればあたかも全て上手くいくような説明。
全く根拠がありません。

民間、即ち営利団体が求めるのは企業利益です。
企業が目標とする利益追求と
市が求める住民へのサービス

両者が同じ方向を向いているという保証はあるんでしょうか。

要求水準書を作って、都合ごとに要望をするという答弁がありましたが、
その要望は拘束力を持ちません。

その結果例えばつなぎさまちの定期便は現在
12時
14時
16時
は運航していません。

市が運航するように求めても改善される見込みはありません。

理由は簡単。
この3本を走らせる事が企業側にとって不利益が生じる選択だからです。

要求水準を作るのであれば、それが満たされない場合には委託料を減額する措置を講じるべきです。

「湯の瀬」の一部委託に関してどのような契約を交わしたのか詳細はこの資料を見るだけでは分かりませんが、一度調べてみようと思います。

*****************************
最後に

確か初めてエリアメールを受け取った時の雨だったと思います。

近くで雷が落ちたのも記憶しています。

人的被害や家屋の被害はなかったそうですが
道路に路肩崩落等の被害が18件あったようです。

*****************************