2012年10月8日月曜日

津祭り:しゅーりょー

 や、ま、なんだかんだありましたが、取りあえず終わりました。

会計報告とか色々あるんだけどちょっと頭が痛いので、現実逃避モード。

去年よりお客さんが増えたかどうか、ん〜〜〜〜というのも課題。

今年もまた駐車の件でいろいろあったんで、これもまた、次年度の課題です。

出店してくれた人達は1店舗1台だけでというルールを守ってくれました。出店者じゃ無い人達の車が領内に入ってたり、私が門番に貼り付けなかったことも理由だし、そもそも入領は許可しても駐車は許可してないよ、という私と実行委員会の認識の齟齬があったり。
ま、私のサイドの問題です。

それでも今年は去年よりサウンドシステムがグッとよくなった。これはプロに頼んだおかげ バンドが入ってDJも入って、良い音楽聴きながら、イスに座って、ブラジルのシェラスコだとか、フィリピン風の焼き鳥だとか、(来年は豚の丸焼きやるとか言ってたし)、ロシアのビールだとか、チーズ入りのコロッケだったり、

せわしなくミッキー追っかけるのも良いけど、まだ暖かい夕暮れから夜までの時間を外でのんびり、音楽聞いて美味しい物食べて友達と談笑しながら居られる空間がこの場所の売りですね。

そして、2日間お店を出してくれた方達が、朝も早いのに7時30分から集まって掃除をしてくれました。

私的には実はこれが一番嬉しかったりするんです。
ブラジル人、ペルー人、フィリピン人ともちろん日本人。

一緒に一生懸命およそ1時間掃除をしてくれました。

各々のお店の方達は当然しっかり売り上げを上げるためにお店を出しています。

私は、祭りの時はもちろん、その後も、こうして集まって、一緒に作業をする。

言葉とか文化は違うけど、共通の目標を持ってそれぞれが分業をして、目的を達成する。そんな中でお互いが信頼できる瞬間を少しでも多く作る。
それがこのイベントの「私の」目的です。

去年に引き続きお店も掃除もしっかりしてくれる人達が、もう何人もいます。
 すごく嬉しいんです。

周辺には高虎太鼓や他の団体の方たち、実行委員会の会長とか、 地元の方達がたくさん居ます。

そんな中でも、「あ、あそこの外国人のブースは掃除はしっかりしてくれた」という記憶が定着してくれれば良い。


ま、そんなかんなで、今日はちょっと休憩します。

m(_ _)m