2012年5月26日土曜日

何これ?!

これ何所の写真か分かりますよね。
もちろん似たような状況の所は他にもあるんで難しいかも知れません。

郵便局から裁判所を通って中央公民館の角まで、
そのあとヤコブ幼稚園側に移動して市役所の角の時計のあるところから
お城西公園前へ行って新玉亭のトイメンへ。
ってな経路。

市役所の前、津市のど真ん中。
そこの植木。
誰が手入れする場所?もち市役所。

県都津市の誇りが聞いてあきれる。
片腹痛いわ!

公園も含めて業者を雇ってやってた仕事。
公園に至ってはボランティアに委ねて経費を削減しようとしてる。
業者泣かせ。
業者は仕事が無くなる→収入が減った職人は大門に飲みに行かない→商店や飲み屋が潰れる。

街路樹も金がないから手入れの回数を減らす。
だから毎年必ず丸ハゲにする。可哀想な痛々しい街路樹。決して景観として「美」でない。
そして写真みたいに草だらけになる。
住民は見慣れてしまって何も言わない。
津市に訪れた人は「え?中心地でしょ?」と思う。でも市役所には聞こえてこない。
だから改善されない。
悪いが市役所には行政視察団という方達が時々来る。こんな津市でも。
だいたい一回は市役所に行く。
視察に来た人達がこの植木の前を通っていく。
さ〜どう思うでしょう?
誇れますか?この状態を。

これらの写真がある意味津市の財政状況を表してる。
だいたいこういうところから先に切られていく。
それでも合併特例債や臨時財政対策債という名の借金を繰り返して箱物を立てる。
建てるときの予算だけはしっかり計算してその後の運営に関しての試算は穴だらけ。
そして「財政は心配ない」と平気で言ってのける。

絶対数字で示してやる。首を洗って待ってろよ。

*******************************************
ごめん、朝たたき起こされたりとか色々でちょっと虫の居所が悪いです。