2011年8月31日水曜日

台風近づいてきましたね〜。明日明後日と近くの水路を見に行きます。

家の近くです。
乙部公園の角。
娘を迎えに行った帰り。徒歩でした。
上の子が自転車。下の子は私が手を引いて歩いてた所。

目の前の交差点に向かう車をよけたらその車が交差点で立ち往生。

進入してきた車とかち合って結局この車は手前のアパートまでバック。
白い車を先に行かせた。
そしたらもう2台。奥に見える黒い車ともう一台が左側から進入。
結局10分近く我々はその場で立ち往生。

この道写真の左側にあるように結構大きな水路がある。
この水路に蓋して道を広げようって声は私が小さいころからあった。20年から30年前から。
結局今に至るまで出来てない。

市の下水道にわけを聞いた。

どうやらここは水路、すなわち田んぼに水を入れるための所だったようだ。
周りの家からは生活排水が垂れ流されててとてもじゃないけどそんな米くいたかねーぞってなぐらい汚いんだけど、それは置いておいて、実際ここの下流でいくらか前まで田んぼしてる人が居たんだそうだ。
で、その人の主張する水利権の問題があって蓋が出来なかったんだそうです。水温が下がるんだとかで、蓋すると。

水利権の問題ってのは結構ややこしい話のようで、詳細は詳しく知らないので置いておくとして、とにかくここの水利権を主張していた方はもういないらしく、田んぼも畑もない。

だったらやってよ。ってなはなし。

ところが問題はまだある。
道の南側と北側で高さが随分違う所がある。それを直すのは結構大変なんだとか。駐車場の一部が駐車できなくなったり、階段を作らなきゃならないところが出たり、家によっては塀を取らなきゃならなかったり。とにかく全ての区間で合意を得ることは結構大変、らしい。

で、もう一つは水はけ。

ここは昔から低い地域で大雨の度に氾濫していたんだとか。昔を知る人は胸まで水に浸かってゴムボートでレスキューに行ったことがあったとか。
いまはポンプ場が出来た関係であふれにくくなってる。

でも雨ざらしで上が開いている水路の蓋を閉めるとなると当然水はけは悪くなる。

地元の人の声の中には暗渠はいいから水はけを良くしてくれとの声がまだあるとか。
で、大雨の日に現場検証に行きましょうってことです。

近くの保育園の人も、ここの前の自治会長さんも、私が聞こえてくる声の殆どは暗渠化に大賛成。随分前から言ってるのにまだなんだよね。と、おおむね私の意見と相違ないんだけど。
ちょっと歩いてもっと詳しく調べる必要がありそうです。