2011年3月30日水曜日

人の世の闇の深きこと・・・・・

他に理不尽さと怒りを覚えたことがあったのでそれを先に書こうと思ってたが、感情先行で内容を変更した。

水の買い占めや電池の買い占めはまだかわいい。

建築資材を買い占めてる人間が居るそうだ。
もちろん政府だって馬鹿じゃないから一定量確保はしてるはずだ。 
しかり足りなることも確実で、いずれ需要過多になる事が分かっており値が上がることが必至だからだ。
そして被災地の人たちはこれを払わない。
政府が払う。
政府は言い値で買ってくれるだろうからだ。
それを誰が払う?
今必至になって救援物資を送ったり出来る限りのことをして被災地の人たちを助けようとしている”ナイーブ”な人たちを尻目に、守銭奴がうごめく。
日本全体が一丸となって助け合おうぜ!って言ってる横で被災者をだしに使って利ざやを稼ごうとしている。


商売することは何も悪いことではない。
しかし”道徳無き商業”、形容詞がついた際に一変する。

世に矛盾がはびこることは知らないわけではない。怒りを覚えることは他にも多々ある。しかしやはりそれに直面したときに起こる感情は変わらない。そしてそれに慣れていまいたくないし、また諦めてしまいたくない。


しかし私はそれに対して今何も出来ない。
それが歯がゆい。