2012年12月31日月曜日

祈る


祈りとは心情の発露だと思う。

そして想いは人を通して具現化される。
人を通さずして想いが形になる事はあり得ない。
人のみが意志を持ち、発想し、想い、その如く営み築き上げ、無から有を生む事が出来る存在だと思っている。

想いを持つ事の出来ない存在に、その想いを具現する事は出来ない。
夢であり、目標であり、理想であり、人は様々な事を思い描く。

そして想いは時に伝搬する。そこに物理的障壁は存在しない。

今思うと亡き祖母の祈りは何だったのか、しっかり尋ねるべきだったと思う。私の祖母は朝夕と仏壇の前で経を上げる事をおこたらなかった。私の父は無神論者でそんな祖母の読経を精々自分が極楽に行くためのお願いだろうぐらいにしか思っていなかったようだ。断片的に私が祖母から聞いた内容は必ずしもそれに当たらない。仏壇の前で先祖に願っていたのは家の安全と繁栄と家族の健康だったと記憶している。「ご先祖様が守って下さる」その言葉だけはよく覚えている。
果たして実際にご先祖様が黄泉の国から降りてきて目に見えないところで私の生活を守ってくれているのかどうかは分からないし、示しようのない話だし、今回の論点でないので言及しない。ただそこに祖母の思いがあった事は確かだ。


家内の母は、夫がロシアやルーマニアに荷物を運ぶためにトラックで遠出する度に夜な夜な夫の安全を祈っていたという。教会が閉鎖され宗教が悪だとされた共産主義社会の中で。人の思いというのは法律や規制でどうこうできる物では無い。夫を想い無事に帰還する事を願う気持ちは自然にわき上がるもの。そしてそれを娘だった家内は記憶している。母の夫に対する気持ちは祈っているときにに限らず食事の時や様々なときに現れたろう。もちろん帰還した際にも。夫は妻が祈っていた事を知っていたかどうかは分からない。言わなければ知るよしも無い。しかし無事に帰ってきたときの喜びは、不在の時の無事を願う気持ちと起源を同じくする感情。無事を願う思いが強ければ、帰還したときの喜びも大きいだろう。
そして夫の心にも無事に帰らなければならないという思いが強くなる。夫、父としての責任をまた強くした事だろう。そして時に睡魔に襲われたときには家族を思い出し、無理をせず休んだかも知れない。ハンドルさばきも無茶を控えたかも知れない。
そして子は父を思う母を見、また母と同じように父の安全を願い、そして帰還を共に喜び、想いを継承する。

想いは伝わる。もちろん表現しなければ伝わらない事も多い。しかし思いが強ければ強いほど、むしろ隠す事の方が難しい。

祈る想いは自ずから伝搬するものなのだと思う。

**************************************
2012年が今日で終わる。
日本の正月というのは歳神様から命を頂き新たな年を開く行事らしい。そして各々の家庭であるいは個人で去る年の様々な出来事に感謝し、来る年の平和と繁栄を祈る。

我が国では天皇陛下は2700年にわたり新年の行事を続けてこられ、そしてまた新たな年が間もなく明けるに当たり、陛下は来る年のために祈りを捧げる。
元旦の午前5時半から庭にでられて国の安泰と国民の幸福、そして農作物などの豊作を祈り四方拝という行事をされるのだという。

私は毎日家の安全と繁栄のためにただ黙々と読経していた祖母に対して思う気持ちと似た感謝の気持ちを、同じく粛々と国の平穏のために祈られてきた陛下に対して感じる。

祈ったから国の平穏が訪れるわけではない。
その想いを同じくする物が行動し平穏を築き上げる必要がある。

我々は今日本の未来にどんな想いを抱いているだろう。
陛下の祈る国の平穏と安泰と国民皆の幸福、その祈りを日々の営みの中でどれだけ意識しているだろう。

元旦の一日、年に一度ぐらいは自分の幸福だけではなく、近隣者の、市の、国の皆の幸福を祈る日にしても良いのではないかと思う。
年に一度ぐらいは、国は大きすぎたとしても、地域、社会、あるいは近隣者の、平穏、安泰、繁栄、幸福の為に自分が何ができるだろう。と考える機会を持っても良いのでは無いかと思う。

**************************************
今年も一年色々な機会を頂いた。色々な人と会った。色々な事を学んだ。
私が今年一年与えられた職務の中で達成した事はあまり多くはないかも知れない。
尋ねられた事、頼まれた事の幾つかはこなしてきた。

しかし私が思い描く:未来に希望が持てる、すんでいる人達が充実し、切磋琢磨し、活き活きしている町、
お互いに信頼が構築され時に協力をし、皆が幸福感を感じられる町の実現にはまだまだほど遠い。

ただそのステップのいくらかでも来る年に埋める事ができ、目標に向かって前進し、子供達の世代ががいずれ「よくやってくれた」と言ってくれるような業績を残していく事が出来ればと強く願っている。


改めてこの一年間お世話になった皆様に深く感謝を申し上げ、
また来る年が皆様にとって良い一年になるよう心よりお祈り申し上げ、
2012年の締めくくりのご挨拶とさせて頂きます。