2012年5月15日火曜日

後期総合計画審議委員会の傍聴に

以前にアップした後期総合計画の関連資料
これらを材料にして今回委嘱された委員を中心に前半5年間の総括と後期計画の策定の意見をまとめる。
策定に至るまでの議会や執行部と本委員会の図式スケジュールはそれぞれのリンクから見て取れる。

先述の通り今後5年間の政策を方向付けて、その先何十年化に影響を与える可能性のあるのがこの計画。

全7回にわたって同委員会の審議が行われる。

どれだけ密度の濃い話し合いが行われるのかは、出来る限り「傍聴」して確認していこうと思う。
そう、私は委員でないので発言権無し。

市長曰く、市役所が決めた物を承認いただくだけの今までのような審議会ではなくしっかり議論いただき良い提案を頂きたい、との姿勢なので、それが何所までホントなのかも見ておこう。

ところで記憶が正しければ、 この後期計画に関しては議決する必要が無かったと思うので、放っておけば勝手に作られて我々そっちのけ〜みたいなことも極端な話ありえる。
もっと現実的な事言うと、審議会や市議会がどれだけ要求しようとも役所側が「それは記載しない」と我を通せば、時間切れで結局「寄り切り」みたいな事だってあり得る。

ま、とにかくのんびりとではなくちゃんと行方を追っていくし、我々、議会としてこのことを話し合うのは3月まで後3回しかないのでその辺のスケジュールもふまえて、ま、色々準備しましょうかね。