2011年12月9日金曜日

建設水道委員会・適切な運営の元粛々と審議終了

良い傾向ですよ。
議員も事務局も懸念される事項を事前に察知してそれに備える。
知者の対応です。

委員外委員が来ると言うことで私も急遽議員必携(地方自治法や津市議会規則などがのってる)を取ってきてもらって不測の事態に備えた。

事務局と委員長は昨晩の時点で出席希望を聞いていたらしく、それに合わせてまさに該当する規則の内容を印刷、準備した。

その如くの状況が起こり、
我々出席議員も適切に対処し、不毛な議論を繰り広げるような今までの委員会の流れを阻止した。

やはり我々議員が 議場を守らねばならない。

何のことはない、発言を求めた議員は
(2つの発言内容を求め、一方だけ委員が可決、許可した)
結局休憩後出席せず、彼の発言は失効した。

発言を求めてその時間に来ないことは
不誠実な対応であり、これは追求すべきだと思うが、これは今後の流れ次第。

ともあれ、議会は秩序に則って民主的に行う文明人の参加する場。
勝手気ままが通るようではいけない。
不正には毅然と立ち向かう姿勢が必要である。