2011年10月6日木曜日

宇都宮の餃子の事後報告

ちょー有名だって言うみんみんと
宇都宮餃子って書いてある黄色い箱に
株式会社アトム
って印鑑押してあるやつと2つ買って今晩早速二つとも食してみた。

ま、結論先言うと

どっちも大したこと無かった。

行列できてるってみんみん餃子は化学調味料入ってるんだよね。
個人的にこの時点でアウト。食べてすぐ分かる。

アトムの方はあれだね。多分ちっちゃい店なんだろうけど宇都宮かどこかが何らかのサポートして商品化してるんだな。
黄色い箱の「宇都宮餃子」ってのは同じで
印鑑押してあるところの店が色々変わるんだと思う。

一つ前のエントリーにも書いたけどだいたい自分の店だけで土産用の冷凍商品を開発できる所なんてよっぽど大規模にやってない限り無理だから、「宇都宮餃子」みたいにどっかがそんな小さい店を集約して大量生産するって手法でやればつ餃子も商品化できるのよ。

ま、それはおいといて

アトムの方は味は悪くないんだけどね、だからってどう?って感じでね。
正直自分地で作った餃子の方が旨い。

家で作る餃子は野菜とか絞らないから皮の中でジュースが出てきてね。肉からもスープが出てくるし。それがこぼれないようにしっかり皮は閉じるんだけど。それが旨いのよ。熱くて。

そう言うのが悪いけどどっちの餃子にもなかったな・・・・

土産モンなんてそんなモンなのかもね。

現場で食ったらもっと違うのかな。
でも初日の夜も翌日の昼も餃子じゃなかったのよね。
上品な料理屋さんでなくても良いから、そこの売りの食事をやっぱ食べてから帰りたいね。どうせ行くなら。