2011年9月18日日曜日

名松線にSLを走らせる会・奥津とJazz

会の役員の一人に呼ばれて「名松線にSLを走らせる会」に参加してきました。
といっても実際にSLを走らせるにはどうやらレールをかなり整備しなきゃならないようで色々越えなきゃならないハードルがあるんだそうです。

ですからいずれはSLを走らせたいという目標はそのままに、「名松線を元気にする会」に名称変更、イベントを通して名松線を使って奥津まで来てもらおうという企画を実行していくようです。

名松線ですから松坂と名張をつなぐ予定だんたんですってね。でも実際は奥津止まり。出発は松阪なんで、松阪でお客さんを集めて奥津で何かしらに参加して貰うという事になる。

奥津には稲森酒造さんという造り酒屋さんがあって毎年12月末には新酒の利き酒会をやるんだとか。松阪と酒蔵で連想したのがJazzコンサートでした。

酒蔵って共鳴があって結構いいコンサートが出来ると聞いたことがあるし、酒蔵でのJazzコンサートって他にもあったはず。しかも松阪って結構Jazzの生バンドがライブやってるらしいんですね。残念ながら津にはそんなライブハウスがないらしいんですが、結構有名な人が松阪に来るんだそうなんです。で、津で泊まったりとか。

とまあそんなところで松阪にはどうもJazzを聞く人達がそれなりにいるらしい。

電車貸し切りってそれほど高くないんだそうなんです。つまり松阪から奥津までの通常料金800いくらかを払えばそれでOK。定期外の時間で走ってくれるんだとか。

今日奥津で杉茸というキノコを貰いました。杉の落ち葉を床にして生えるんだとか。結構大きなキノコで食べたけどなかなかおいしかった。

酒蔵での酒とJazzと奥津の食べ物。なかなか言い組み合わせだと思うんですね。

しかも一両編成の収容人数って65人から80人ぐらいってことならイベント集客目標としてはかなりハードルが低い。やってやれない企画じゃないと思うんですね。

美杉の山奥とJazzっていうミスマッチが良いと思うんだな。

1時間といくらかの移動中も車内にウッドベースとトランペットと小さなドラムセットで演奏して貰って。酒蔵でライブとお酒と食事を楽しんで、帰りも生演奏を聴きながら帰る。
半日もかからない日帰りコースで飲酒運転の心配も要らない。

結構いけると思うんだな。

しかも鹿肉BBQとかボタン鍋とかもいけるしね。

良いと思うな〜