2011年8月10日水曜日

センパレのフロアを部分取得したいらしい

津センターパレス株式会社に対して
現在賃貸で3億2400万津市が払ってる。

執務場所として
商工観光部
スポーツ文化振興部
生涯学習課青少年担当
それぞれ2階

社会福祉協議会
2階と3階

市民活動センターおよびまん中交流間
3階、2階、地下

前回の第2回定例会で某議員が中央公民館の老朽化と耐震の問題に対して無策であることを非難したことを受けての今回の提案なんだと思う。

公民館と社会福祉センターをそれぞれ移転して、この問題に対処し、合わせて大門の活性化にも繋がるという考え方。

移転に関しては何ら批判をするところは無いんだが、
要は料金だ。

自分の市の公民館を運営するのに法外な賃貸を払い続けるのか?と言うこと。
株式会社津センターパレスは都ホテルを運営している株式会社津センターにホテル運営部分を賃貸している。これは現在上述の理由で津市が賃貸している敷地面積とほぼ同等。

一方で
都ホテル部分に対する賃貸料は
1680万

津がセンターパレスに払ってる賃貸料の3億2千400万が法外であることはこれだけでも分かる。

センパレは負債総額が18億ちょっと。
出て行ったダイエーに返さなきゃならない敷金が15億すこし。返せてない。
あとは他の銀行に対する負債。

建物自体は26年立ってるもので、資産価値を調べたうえでなんて答弁があったが、0でしょ。解体費用を出して貰って買い取りで間に合うぐらい。実際なら。

まるまる買ったら0円のものに対して
一体いくら払って「部分購入」をするつもりなんだろう・・・

センパレ側としては売ったフロアで入った金を使って返済をいくらかして、その後の賃貸料で運営を続けていく、株式会社津センターパレス社長の市長からの答弁だ。

100歩譲って返済を津市が肩代わりするとしても、
運営していく業務もほとんど無い、本来なら企業誘致のために動くはずの同株式会社の存在理由は消失すると思う。

繰り返すように、買い取ってしまえ。と思う。
誰を食わすために意味のない会社を運営し続けるのか?市税を投入して松葉杖をかませたまま。