2011年8月11日木曜日

センパレ・部分購入の件・中日新聞と伊勢新聞の記事


昨日開催された全員協議会の討議内容が早速中日新聞と伊勢新聞に掲載されていた。ちなみに中日はカラー写真を3つも使って。

その割に両紙ともに記事の内容は執行部側の提案内容の説明に留まり、いずれも議案説明書を見たらかける程度の記事でしかない。

なんのために傍聴しに来たの?

気がないのかもね。
毎年過去の数年間3億2400万を支払ってるのよ、市税から。
株式会社センターパレスが株式会社センターとやらに委託をして都ホテルを運営してる。津市から自分の懐に現金を引き出すためのシステムを作ったあげく存続が危うくなる度にごまかしをやって形だけ留めて表面上上手くやってるかのように取り繕ってきたのがこの会社。運営をややこしくした原因。
もちろんセンパレに限った話じゃない。津市には似たようなキャッシュフローシステムが幾つかある。さらには精々これはどっかの誰かのまねごとで当時は何処でもやってた「当たり前のこと」だったんでしょう。

市長に提言したのは、いい加減馬鹿な負のサイクルをここで断ち切りませんか?という事。

存続理由のない株式会社センターパレスを延命させるのはもうやめましょうよ。
過去には戻れないんだから当時の市長がどれだけ私腹を肥やしたかなんてことは話題にしてないし、そんなことに時間を費やすほど暇じゃない。どうせ余命幾ばくもないんだし。

そんなことは一言も触れられてない。

資産価値のない物件を部分購入して一体いくら支払うの?自分の懐が痛まないからみんな平気でこういうこと出来るんだろうね。

そんなことで津が良くなるはずがない。

また腹が立ってきた。
本来なら、なんでウチらの世代がお前らのケツふかんならんのや!と言いたい。
言っても始まらんから18億の負債を抱えるから、倒産させなくても良いから、ましてや今の職員は運営員として再雇用しても良いから、
とにかく今の矛盾だらけのシステムを整理しましょうよ。

たのむわ、市長さん。
次回の全員協議会での提出資料、期待して待ってます。
分割購入案と、買い取り案、2系統の試算を提出してください。