2011年8月8日月曜日

ちょっと嬉しかった。

週末は色々と起こったにもかかわらず、アップする事が出来ないまま記事がたまりに貯まっております。
そんな中でちょっと嬉しい封書が届きました。

「ほとんどの議員が執行部の答弁内容の不明確にもかかわらず、与えられた質問時間さえこな
せばいいというような感じがするのに対し、小林議員は、不明な答弁に対し、理路整然と追
及していく姿は、画面に一筋の新風、清新な風が吹いているような感じがしました。」

ZTVの録画放送を見られてのコメントを頂きました。

私的にはかなり消化不良気味な初質問でした。
直前に一問一答方式に変えたくなったんですが、申請の段階で一括質問一括答弁にしてあったので変更がきかないと言われてやむなく。

異なった内容が最初に話をされるので感覚も記憶もいったん離れてしまうとまたやり直さなきゃならなくなる事をしりました。

今回質問した内容はたまたま私が資料をいくらか持っていたこと、他の部署に比べて素人が口出ししやすい分野だった事が幸いして何とか形になったのかなと思っています。

次回はもう少し市政の方向性に関して少し違った切り口で市長の考えを聞いてみたいと思っています。ただ、かなり準備時間を要すると思うのでしっかり調査していこうと思っています。

匿名で住所もなかったのが少し残念なんですが、少なくとも少し力を貰いました。
ありがとうございました。

私宛に頂いたものなので全文掲載は差し控えようと思います。