2011年8月10日水曜日

アニメ世代なんですよね。Akiraは衝撃的でした。

1988年。
14才でした。
新町駅に早く着きすぎてふらっと映画館に入った。
その時に見たのがAkira。

動画のきめ細かさや色遣い、映画全体のテンポ色々なものが要素としてあったんだろうと、大人になってから振り返って思いますが、
とにかく当時、映画が始まってから終わるまでが、爆風に吹き飛ばされ一瞬の衝撃にただ唖然としたかのような印象を受けたのを覚えています。
エンディングのテーマにも頭をぶち抜かれました。

今思えばその後ハウスミュージックに惹かれていく原因になった曲だと思います。

14の私をまさに「覚醒」させるようなfirst impactだったのかな。今でも好きですね。