2011年5月26日木曜日

この人個人のことなのか?それともいわゆる”役所の体質”なのか?

議員になって今まで知らなかった世界に首をつっこんでいる。さながら社会見学のようだ。方々で”へ〜、そんなことになってるんだ”と口に出すときも出さないときも思っている。

要するに頼まれ事、というやつで”先生、これこれこんな事があるんやけど、こうこうこうしてもらえやんやろか”。と尋ねられるわけです。

で、それを抱えて役所に行って、こんな風に言ってる方がおられるけど、実際のとこ、どぉ?って事を聞く。

そんな中で今日ある役所の方達ととある事情に関して話をした。というか状況を説明してもらった。

私は決してその人の過ちや欠点を非難して責め立てようとしているつもりはないのだが、”何も問題はありません、全て順調です”という見解を取り繕ってでも主張したいと思ってるのかな?と感じた。

名指しで貴方に悪いんだと言ったわけでもないし、むしろこの件に関して議会で質問をして状況が是正されるようであれば私はいくらでもするよと言ったつもりなのだけど。

 それとも彼女が言ったことが原因で他の部署の人間が私に追究されると彼女は周りから文句言われるんだろうか?そういうことなのかな?

なんかすっごい見えない壁がある感じ。
 
このブログを見に来てくれる方の中には役所の方がいるのも重々承知している。
だから尚のこと聞いてみたい。

これからもちろんもっと他の人たちとも話をすることになるだろう。部署が違えば状況も違うのかも知れない。もちろん個人差もあると思う。もっと色々見えてくるんだろうと思う。

私は解決すべき問題があるんだったら何とかしようよ。私に出来ることがあったら言ってくれというスタンスでいるんだが、
どうも問題を解決する気がないのか、
よく知りもしないで引っかき回しに来るな、と思ってるのか、
恫喝して職員をいじめてきた議員がいるからなのか・・・
少なくとも心を開いてもらった感は無い。

私が強面で威圧的に感じるのか・・・・

問題の存在しない所なんてない。だから改善しようとしてるのに。なにか問題が存在しちゃいけないかのように考えてるのかな?

 不思議だ。