2011年3月11日金曜日

東北太平洋沖地震・家内の国モルドバでもニュースに

skype経由で家内の国から友達や義理の姉、義母、仲人等から連絡が入りました。

お前大丈夫か?!

って。

遠い国モルドバでも随分大きなニュースになっているようです。
義母は日本で地震!って聞いただけで肝を潰したようで。娘と孫達は(つまり私の家内と娘達は)もう海の中に沈んで居なくなっちゃったんじゃないのかとマジで心配してたようです。

幸いここは震源地から随分離れたところですし、湾内に位置してるので津波の影響も少なく、実際発生当時私は車に乗って他ので揺れも感じませんでした。
地元自治会の避難場所にも向かいましたが、自治会長達が数名。最寄りの保育園の児童達も津波警報の関係で避難していたみたいですが、程なく帰ったようです。

津市敬和地区は海岸に近いですから、仮に東南海地震関連で同じように海底で地震が起これば、津波に対する警戒も必要だとテレビで今回の津波被害の映像を見て思いました。

ちょっと前チリがあって先日はNZ。で今回のも。随分と続きます。
大規模地震って増えてるんですか?それとも昔は知らなかっただけで頻度は同じ?誰か調べてる人はいませんかね。
そして国政も、都知事選も、ここ三重の知事選、はたまた津の市長選も市議補選もまた激震と混乱と混沌と・・・

地震と政局はもちろん何の因果関係もありませんが、何ともまあ続くときは続くんでしょうか。

ともあれ被災された方の一刻も早い復旧と、亡くなられた方々の冥福をお祈りいたします。