2010年9月7日火曜日

だいたて

大門は一つだと思ってた。
昨日同級生を訪ねて初めて知ったのが、”だいたて”というのは大門商店街と立町商店街をあわせてだいたてというんだそうで。知ってる人には当たり前の事なんでしょうが、私は37を目の前にした今まで知らなかった。
とにかくアーケードの切れ目が商店街の境目のようで、しかも大門商店街と立町商店街の境には道路すらない!隣り合わせで別の商店街なんだとか。大門パーキングのある当たりも別の商店街なんだそうだ。この地区との相互交流はあまりないらしい。

というのも、河芸千里ヶ丘団地の日本人外国人入交のお祭りを、敬和地区でもできないかという構想を練っていて、その会場としてやっぱり祭りのある大門が適当じゃないかというところから状況調査に向かっところ、上述のような内容を知ったようなしだいなわけです。

とはいえ隣り合わせの地区で同じく小売業を営んでいるわけで、立町と大門の両商店街の若手達は結構密に意見交換をして活性化を使用と努力をしているようです。

ここでは以前在住ブラジル人を呼んだイベントを行った事があるそうで、そのイベントの発起人にも近々あってみようと思っています。

共生の結果、共栄を生み出す事ができれば、という事。